CHUOスピリッツ

礼節と徳育・高い学力・広い視野・深い教養

建学の精神
独立進取 研鑽努力 尊師愛弟
教育目標
  1. 中・高6年教育による、きめ細かな進路指導によって、東大をはじめとする最難関大学や、医学部医学科など難関大学への多数合格をめざす。
  2. 21世紀のグローバル社会を見据えて、国際理解教育を推進し、世界に通用する人間力を備えたグローバルリーダーを育成する。
  3. 岩手・盛岡が生んだ偉人(新渡戸稲造、宮沢賢治など)や伝統文化を学び、郷土を愛する心の教育を推進する。
創立者 龍澤福美

創立者 龍澤福美(たつざわ・ふくみ/1909~1975)初代校長のことば

我が校が一大飛躍せんとする時にあたり、今静かにその礎となる要素を思うとき一つには人の果たすべき使命と今一つには、天賦の性を発揮することです。「尊師愛弟」の精神を大事にする私が諸君にのぞむことは、「素直な心になって物事をやってほしい」ということです。素直な心でなければ物の正しい姿が心の鏡にうつりません。正しい姿が心に映じて、初めて各々の天賦の才をよりよく伸ばして行けるわけで、自ら人の果たすべき使命もわかり、それが栄えゆく道にも通じるのです。

  • 龍澤 正美

    独自の青少年教育に挑戦

    学校法人 龍澤学館 理事長 龍澤 正美(たつざわ まさはる)

    創立者龍澤福美初代校長が、岩手の青少年教育を志して私塾「進学研究会」を盛岡市鷹匠小路に開いてから 65 年。盛岡中央高校の前身、私立龍澤高校が創立されてから55年。平成30年4月に、待望の進学教育に特化した新しい私立中学校を、地元盛岡に開校いたします。早いもので計画をスタートさせてから13年の歳月が経過しようとしています。
    この間 、全国の中学校・高等学校の進学教育の現場は大きく変化して、いわゆる「 中高一貫教育校 」が公立・私立を合わせて600校を超え、存在感を高めてきました。都立高校十数校、私立では渋谷幕張、西大和学園などがその代表例でありましょう。 しかし本校では、岩手・盛岡の地域特性を生かした人間教育とグローバル教育、IT教育等を推進し、長い伝統と弛まぬ学校改革の精神を大事にして、大志を持った生徒さん一人ひとりを、世界と未来に羽ばたかせるよう独自の青少年教育を展開して参ります。CHUOの新しい挑戦に、ご期待下さい。

  • 千葉 研二

    東北随一の私立進学校を目指します

    盛岡中央高等学校第 7代校長 附属中学校初代校長 千葉 研二

    本校では、20年以上前から世界各国の姉妹校 24校と生徒・教員の相互派遣や、その集大成としての CHUO国際教育フォーラムの開催などを通じて、常に時代を先取りするグローバル教育を推進してきました。 平成 30 年4月、21世紀型の教育と大学入試改革に対応するため、私立中・高6か年の教育システムを導入し、その教育効果をさらに高めるため 、附属中学校を開校す ることにしました。 岩手・盛岡、そして本校の進学教育水準の東北随一への向上と、グローバルリーダー人材の育成に貢献してまいります。そのためには、CHUO スピリッツの礼節と徳育、広い視野、高い学力、深い教養を大事にして、まずは、日本、岩手、盛岡を愛する心の教育を推進します。皆さんの本校入学を心から歓迎いたします。
    (北海道大学卒、元盛岡一高校長)